トピックス

最新情報やお知らせのご案内


音楽フェス、環境イベント、被災地にソーラーパワートラックを派遣します!

この秋、エコロジーオンラインの活動から生まれた里山エネルギー株式会社がソーラーパワートラックのマネージメント事業に乗り出します。

 

これまでより

もっと多くの音楽フェスに

もっと多くの環境イベントに

もっと多くの被災地支援に

もっと多くのグリーンパワーとの出会いに

ソーラーパワートラックを活用してまいります。

 

ご興味がある方は里山エネルギーまでどうぞ!

 

0 コメント

Music Go! green メディア出演情報

9月30日、「MUSIC GO! GREEN 風の国から」の発売にあわせて、ご紹介いただけるメディアが増えてきました。

 

情報にあわせて順次アップしていきます。

 

●10/2 6:00~TBSラジオ

「笹川友里 プレシャスサンデー」

●10/3 15:20~ JFN系

「DAY BY DAY」*ゲスト

●10/12 14:00~ FMヨコハマ

「E-ne! ~good for you~ エシコン」*ゲスト

0 コメント

エコロジーオンラインが企画・監修した音楽CD『Music go! green 風の国から』 2016.09.30 RELEASE!

〝風〟が誘う、

環境活動と音楽との出逢い。 

 

国内初!環境活動と連動した本格的コンピレーションCD

 

『Music go! green 風の国から』

 

2016.09.30 RELEASE

ソニー・ミュージックダイレクトとエコロジーオンラインが風力発電支援で協働!

エコロジーと音楽をつなぐプロジェクト“Music go! green”企画・監修の第1弾。本作は、今秋石川県珠洲市で開催の「第19回全国風サミット in 珠洲」を記念し、風力発電の啓発と支援を目的として企画・制作された。『風』をテーマにした楽曲(タイトルや歌詞に『風』がつけられた楽曲含む)を2枚のCDに収録。日本のミュージックシーンを支えるアーティストたちによる珠玉の名曲選であり、国内初の環境活動と連動した本格的なコンピレーションCDと言える。なお、本作のマスタリングを実施したソニー・ミュージックスタジオは、グリーン電力を活用(参照:2016年度は「能代風力発電」からの電力を使用)している。

 

 

■CD2枚組、全30曲収録

■販売経路:Sony Music Shop(SME運営のオンラインショップ)限定

     (エコロジーオンラインでも一部販売します)

■価格:¥3,780(税込み)

■品番:DQCL 3286-7

■発売元:ソニー・ミュージックダイレクト

★ソニー・ミュージックダイレクト運営【OTONANO】サイト 商品特設ページ

 現在制作中

 

<お問い合わせ>

ソニー・ミュージックダイレクト 制作1部(担当:福田良昭)

TEL:03-3515-5346  FAX:03-3515-5114

ご予約・ご購入は有限会社ライツフォーグリーンが運営する【ポットラックテーブルショップ】をご活用ください!
ご予約・ご購入は有限会社ライツフォーグリーンが運営する【ポットラックテーブルショップ】をご活用ください!

『Music go! green 風の国から』企画主旨上岡 裕( NPO 法人エコロジーオンライン理事長 )

 1991年に株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントを退職以降、音楽を通して環境のメッセージを伝えていく仕事を一貫して続けてきました。環境省と手がけた「Re-Style Live」、坂本龍一さんたちと手がけた「artists’ power」、ソニー・マガジンズ(当時)と手がけた雑誌「Lingkaran」、全国のZeppやソニー・ミュージックスタジオと手がけた「グリーン電力」、ほかにも日本音楽事業者協会や日本音楽制作者連盟の皆様にも、色々な機会を通じて私たちの取り組みにご協力いただきました。 

 

私自身が音楽業界出身ということで、地球温暖化防止や地方創生を手がける仲間たちから、「あの曲がつらい時の心の支えになった」、「いつもあの曲を口ずさみながら仕事に向かっている」といった声を聞かせていただきました。日本のスタンダードとも言える名曲の数々が、環境を守る取り組みに汗を流す人たちの心のよりどころになっていることをとても嬉しく感じました。

 

今回のコンピレーション・アルバムは、風力発電に関わる自治体や企業、市民の皆様から、「風をテーマにするCDを作れないか」という相談を受け、株式会社ソニー・ミュージックダイレクトに企画を持ち込み、共同で制作したプロダクツです。今秋に石川県珠洲市で開催される「第19回全国風サミット in 珠洲」や、同時開催予定のライヴイベント「風の音楽祭」と連携することになります。音楽を通して地球の明日を担う人たちを応援するCD,それが『Music go! green 風の国から』です。 

【収録曲】

Disc 1:

 

01.ゴリラがバナナをくれる日 / 坂本龍一

02.かざぐるま / 一青 窈

03.風になりたい / THE BOOM

04.DIVE INTO YOUR BODY / TM NETWORK

05.風は西から / 奥田民生

06.約束の橋 / 佐野元春

07.にじいろ / 絢香

08.風のたより / 村下孝蔵

09.時間旅行 / DREAMS COME TRUE

10.田園 / 玉置浩二

11.夏色のおもいで / チューリップ

12.風の街 / 山田パンダ

13.風に吹かれて / エレファントカシマシ

14.風立ちぬ / 松田聖子

15.ペパーミント・ブルー / 大滝詠一

 

Disc 2:

 

01.ときの旅路~REXのテーマ~ / 米米CLUB

02.風 / はしだのりひことシューベルツ

03.春だったね / 吉田拓郎

04.ささやかなこの人生 / 風

05.風に揺れるTomorrow / TUBE

06.白い雲のように / 猿岩石

07.愛のしるし / PUFFY

08.TRUE LOVE / 藤井フミヤ

09.GLORY DAYS / 大江千里

10.魅せられて / ジュディ・オング

11.ヴァージニティー / レベッカ

12.Runner / 爆風スランプ

13.風の旅人 / 大貫妙子

14.GOOD TIME / 高橋幸宏

15.WINDY LAND/風の国 / 細野晴臣

「風の音楽祭」 開催概要

■日時:2016年10月29日(土)

10:00~15:00

■会場:ラポルトすず

■主催:第19回全国風サミット開催委員会

■後援:北國新聞社、北陸放送、テレビ金沢、エフエム石川

 

<一青 窈 コンサート>

・開場 13:00 / 開演13:30 / 終演14:30(予定)

・会場:ラポルトすず大ホール

・料金:2,500円(税込・全席指定)

    ※6歳未満は入場不可

・出演:一青 窈

 

<ロビーコンサート>

・11:00~13:00

・会場:ラポルトすず市民ロビー

・料金:無料

・出演予定:シアトルスタンダードカフェ ほか

 

★お問い合わせ

ケィ・シィ・エス:076-224-4141(平日10:00~18:00)

kaze@kcs-inc.jp

0 コメント

“純国産&超軽量の太陽光発電シート” MAKIMONOのMusic Go! greenバージョンができました!

薄膜フレキシブル太陽電池を活用し、巻物のようにクルクルと巻ける超軽量の太陽光発電シート「ウェーブソーラープラス 'MAKIMONO'」。岡山県倉敷産ジーンズでバッグを仕上げ、太陽光発電グッズとしては珍しい“純国産”の商品として企画されました。

 

エコロジーオンライングループの里山エネルギー株式会社と日本植生株式会社がコーディネートを担当。国産アモルファスシリコンをコアテック株式会社が加工しています。

 

今回、「WORLD HAPPINESS 2016」と協働した限定生産モデルの販売が好評のうちに終了し、新モデルとしてエコロジーオンラインが立ち上げた“エコと音楽をつなぐ”プロジェクト「Music Go! green」バージョンが誕生することになりました。

 

「Music Go! green」では、風力発電を音楽で応援するコンピCDの発売や、グリーン電力でイベントができるソーラーパワートラックを全国に派遣するプロジェクトなど、様々な企画を予定しています。この商品が多くの人の手に届き、地球温暖化防止のメッセージの発信や、防災・減災用にご活用いただけるよう取り組んでまいります。

 

これからもエコロジーオンライン及び、里山エネルギー株式会社をよろしくお願いいたします。

 

「ウェーブソーラープラス 'MAKIMONO'」のご購入はこちらからどうぞ!

 

<関連リンク>

【リリース】“純国産&超軽量の太陽光発電シート” ウェーブソーラープラス 'MAKIMONO'発売!

ディレクターズチェアの背に掛けて、座りながらスマホの充電も可能です。
ディレクターズチェアの背に掛けて、座りながらスマホの充電も可能です。
アウトドアではフックなどを活用して木につりさげてスマホ充電!超軽量のMAKIMONOならこんなに簡単です。
アウトドアではフックなどを活用して木につりさげてスマホ充電!超軽量のMAKIMONOならこんなに簡単です。
クルマのフロントガラスに下げれば車内の温度上昇を抑えながらスマホに充電することができます。 クルマのフロントガラスに下げれば車内の温度上昇を抑えながらスマホに充電することができます。
クルマのフロントガラスに下げれば車内の温度上昇を抑えながらスマホに充電することができます。 クルマのフロントガラスに下げれば車内の温度上昇を抑えながらスマホに充電することができます。
1 コメント

一青窈さん出演!「風の音楽祭」をエコロジーオンラインが企画サポート。

10月27日~28日にラポルトすずにて開催される「第19回全国風サミット in 珠洲」。その関連イベント「風の音楽祭」(29日開催)の音楽企画をエコロジーオンラインが担当しています。

 

 

「全国風サミット」は、環境保全や地球温暖化問題、そしてエネルギー需要の増大と資源の枯渇問題に対応するため、再生可能なクリーンエネルギーの普及・啓発を目的に風力発電を立地する全国の自治体で開催されています。

「風の音楽祭」に出演するのは一青窈さん。ヒット曲「かざぐるま」は、風力発電の設置に汗を流す全国のエコの仲間たちが愛する曲としても知られています。

 

このイベントに合わせ、エコロジーオンラインが協力して、風を歌った曲を集めたベストCDも企画しています。詳しくはまた追ってご報告いたします。

 

<参照リンク>

 

珠洲市役所

一青窈オフィシャルサイト

 

 

 

文 / Music Go! green事務局

0 コメント

【Green Power for くまもと】WORLD HAPPINESS 2016と協働! 福島・熊本復興支援ブースを出しました。

8月28日、東京:夢の島公園陸上競技場で行われたロックフェス「WORLD HAPPINESS 2016」で、福島・熊本復興支援ブースの担当をしました。

 

このブースは、6月14日から20日にわたって当法人が実施した【Green Power for くまもと】の活動にご協力いただいた同イベントから、熊本で行った「にほんのうた熊本キャラバン」の報告と、福島、熊本の復興を支援する物販ブースを担当しませんかと声をかけられたところからスタートしました。

 

 

当日は、このプロジェクトを手がけた福島、関東、関西の仲間が集まり、「にほんのうた熊本キャラバン」で寄贈した自然エネルギー機器の展示・販売や、八代亜紀さんの復興ライブの舞台となったソーラーパワートラックの模型を展示。熊本からは行き場を失った野菜も届けられ、益城町の子どもたちの給食費に寄付される益城町復興ソーダとサイダーを送ってもらって販売しました。福島からは桃のジュースなどを送ってもらい、フェス参加者のみなさんののどを潤しました。

 

自然エネルギー系で言えば、今回の目玉は2つ。

 

忍者が持っていた巻物のようにクルクルまける太陽光発電シートで、開くと一反木綿のような形状になってスマホを充電できるウェーブソーラープラス MAKIMONOという商品の販売と、福島産新電力のご紹介です。

 

4月から電力が自由化され、自分の好きな電力を選べるようになりましたが、なかなか選びたくなるような物語をもった新電力が出てこない。そこで私たちが中心になって福島の地で地産地消をベースにがんばっている須賀川瓦斯という会社に関東での供給をお願いし、WORLD HAPPINES 2016の場から福島のための電力のスイッチを呼びかけました。

 

都会で実施されるロックフェスとして、大人も子どもハッピーに楽しむ環境なかで、熊本や福島支援につながるブースを出せたことは、とても感動的な体験になりました。集まった義援金の使い道については、またあらためてご報告いたします。

 

文 / Music Go! green事務局

0 コメント

かの香織さんのエコピープルインタビューをアップしました。

音楽家でもあり、また宮城県栗原市の造り酒屋「はさまや酒造店」12代目でもあるかの香織さんが、今年3月に一般財団法人オーバーザレインボウ基金を設立した。

 

終末期医療の患者さんに最後に聞きたい曲を届けに行こうという「ワンソングプロジェクト」に取り組む予定だ。

 

 

この活動には、これまでの音楽家としての活動や東日本大震災後の子ども支援の取り組み、酒造りの勉強と経験の中で生まれた、さまざまな縁・繋がりや思いが込められている。

 

エコロジーオンラインにかの香織さんのインタビューアップしました。

 

人生の最後の時に、大好きな歌を届ける

0 コメント

「Green Power for くまもと」第一弾支援レポート

ソーラーパワートラックのステージでグリーンな歌声を披露してくれた八代亜紀さん。
ソーラーパワートラックのステージでグリーンな歌声を披露してくれた八代亜紀さん。

エコロジーオンラインを中心に音楽業界やNPOの仲間が集って実施した「Green Power for くまもと」の第一回支援ツアーが終了しました。

 

この活動の中心となったのはソーラーパワートラックの派遣です。5kwのソーラーパネルと37kwhの蓄電池を装備し、ウイングをあけるとステージになる4トンのハイブリッドトラック。そのトラックの荷台に、再生可能エネルギーを手がける全国の仲間たちが寄付してくれた支援物資を満載し、熊本に向かいました。

 

詳しいレポートはエコロジーオンラインをご覧ください。

0 コメント

Green Power for くまもと ~グリーンパワーで被災地を元気に~

エコロジーオンラインは、東日本大震災の際に被害を受けた地域へソーラーパワートラックを派遣したり、途上国に小さなエネルギー機器の寄付をするなど、グリーンパワーを通した支援活動を実施してきました。

 

熊本地震で被災した地域に対しても、グリーンパワーを手がける全国の仲間とともに、ソーラーパワートラックの派遣や、防災・減災用に開発したナノ発電所やミニソーラー、ソーラーランタンなどを寄付、熊本の農作物の販売支援などをして行こうと考えています。

 

みなさまのご支援、ご協力をお待ちしています。

 

ソーラーパワートラックの第一回派遣の詳細はこちらをご参照ください。

 

0 コメント

『ユガ』【満員御礼ありがとうございました!】

最高のお天気とお寺の緑と優しい風と、金剛院さんの本堂の厳かな雰囲気のなか、みなさんのご協力により無事にイベント終了しました!

 

場所を提供してくださいました金剛院さん、ご出演くださいましたTHE CHESSのみなさま、815-ハチイチゴ-のみなさま、キッサコのみなさま、お越しくださいましたお客様のみなさま、エコロジーオンラインのみなさま、本当にありがとうございました!!

 

詳しくはエコロジーオンラインをご覧ください。    

0 コメント

ユガ 2016春 ~つながる音、つなげる想い~を開催します。

福島生まれのグリーン電力証書でイベントをオフセット

福島をライブで応援しよう!

エコロジーオンラインMusic Go! greenプロジェクトでは、被災地支援の一環として支援をしてきましたエコふくしま 音楽と未来とともに、東京で音楽イベントを実施します。

また、エコふくしま 音楽と未来を応援する支援金付きチケット(3,000円)を販売しています。お問い合わせはEOL事務局まで。


ダウンロード
ユガ 2016春 ~つながる音、つなげる想い~
yuga_flyer_A5_3.31.pdf
PDFファイル 3.8 MB
0 コメント

復興支援イベント「pray for Japan play for Japan」が終了しました! TOPICS · フクシマミュージックスマイル

9月15日(土)、千葉県立幕張海浜公園創作の広場にて、「pray for Japan play fo Japan 東日本大震災復興支援音楽祭チャリティーライブ」が開催されました。

 

 被災地の子どもたちの心のケアなどを目的としたこのイベントにWind Band for Greenから「プチ・パヴィヨン」が参加。そして被災地からは、ポイントグリーンがお手伝いして、会津こどもクワイアもやってきました。フィナーレを飾った会津の子どもたちの元気な歌声に涙ぐむ参加者もいました。

 

こうしたイベントを通してまだまだ大変な状況が続く福島の子どもたちの応援ができれば素晴らしいですね!

 

0 コメント

ワーナーミュージック「100年MUSIC FESTIVAL」グリーンレポート

山下達郎、竹内まりや、コブクロ、Superflyらの人気アーティストが大集合!
山下達郎、竹内まりや、コブクロ、Superflyらの人気アーティストが大集合!

100年後の音楽(地球)を取り巻く環境が少しでも良いものになるように
 
 10月30・31日、創立40周年を迎えたワーナーミュージック・ジャパンが“100年後も愛され続ける音楽を世の中に届けたい”と「100年MUSIC FESTIVAL」というイベントを行った。会場となったのは日本武道館。近くに迫った台風を忘れるほど、多数のアーティストやスタッフの熱い気持ちが伝わるイベントとなった。
 
 このイベントの特長はグリーンな貢献を明確に意識したこと。環境省「チャレンジ25」とがっちり手を組み、ワーナー40周年オフィシャルサイト内に出演アーティストのメッセージ映像もアップし、「環境省チャレンジャー25宣言」への登録でスペシャル特典がもらえるような仕組みになっている。武道館内のチャレンジ25ブースでも同様の登録でき、先着500名にグッズのプレゼントを実施。当然、ロビーには長蛇の列ができていた。そしてもちろん、このライブのリハーサルと本番で使用した電力10,000kWhは、グリーン電力(九電工/バイオマス発電)を利用している。
 
 昨年の全国ツアーを自主的にグリーン電力化したRIP SLYMEを代表に、ワーナー所属のアーティストは思い思いにエコを意識した活動をしている。だが、この記念イベントは特別。先輩格の山下達郎・竹内まりや夫妻も武道館に集まり、ハートウォーミングなパフォーマンスやちょっとした日常のエコ話などが、ロビーや客席を優しくつつんでいた。


 2010年10月、名古屋では生物多様性国際会議が終わり、東京ではこの40周年記念イベント。イベントに参加した自分だけでなく、こうした展開を象徴的に感じる人も多いだろう。

 

 僕らがずっと大切にしていきたいものは何か?「100年MUSIC」を可能にする地球環境を少しでも良いものにするように僕らができることは何なのか?

 
 この日のトップバッターはワーナーミュージックとFM局が組んで今年行なった「100年ヴォーカリストを探せ!!オーディション」でチャンピオンに輝いた指田郁也君。こうして次の100年が次の世代へと引き継がれていくことになるのだろう。(KAZZ)

 

100年MUSICオフィシャルサイト

http://wmg.jp/40th/challenge25/
 
(出演)
九州男、コブクロ、Superfly、竹内まりや、トータス松本、馬場俊英、the brilliant green、BONNIE PINK、山下達郎、RIP SLYME、ROCK’A’TRENCH他
日本の音楽シーンを牽引してきた大ベテランから若手まで、100年先も色あせない音楽、まさに「100年MUSIC」にふさわしい、世代を超えた豪華アーティスト達が日本武道館に大集結した。

 

チャレンジ25ブースに集まったオーディエンス
チャレンジ25ブースに集まったオーディエンス
ワーナーミュージックと環境省のコラボを紹介するポスター
ワーナーミュージックと環境省のコラボを紹介するポスター
0 コメント

都市型“グリーン”フェス「ROCKS TOKYO」が誕生!

ROCKS TOKYO
ROCKS TOKYO

 参加アーティストの数や会場の規模、この規模を東京23区内でやる?

 

 都会型ROCKフェスとしては大規模な新種が生まれた。5月30,31日の2日間、江東区若洲公園内で行われた3ステージ同時進行形式のROCKS TOKYO。「サカナクション」も「BOOM BOOM SATELLITES」も「ムック」も「サニーデイ・サービス」も「エレファントカシマシ」も「Dragon Ash」も、全出演バンドはすべてグリーン電力でのパフォーマンス。2日間でなんと5万kwhのグリーン電力を消費した。

 WIND STAGEの後方には大きな風車!

 

 それだけで凄い演出。だが、実際のところ、江東区の風車の電気を直接このイベントに使用したわけではなく、グリーン電力証書[バイオマス発電/日本自然エネルギー開発]を利用。イメージだけに止めず、実際にグリーン電力証書を購入したところに、主催者側のグリーンに対する心意気も感ずる。

 エコ関連テントブースのなかで驚いたのは、自然環境保全を手がける「野鳥の会」が販売する深緑色長靴がバンバン売れたこと。たしかに折りたためて便利そうだが、夏の野外ロックフェスの準備だったのか。

 都会と大自然を往復する若者達。まだまだ何かヒントがありそうだ。(KAZZ)

 

0 コメント

MUSIC DAY―駒沢オリンピック公園レポート

みんなの協力でライブをグリーンに!
みんなの協力でライブをグリーンに!

MUSIC DAY 2010 駒沢オリンピック公演 


RAG FAIR / INSPi / 腹筋学園 / きゅーぶ!! / 姉と僕 / だいち /

おてん / ノーナイズ / A-Z

センメ(54日のみ出演) / ピノ☆(55日のみ出演)

 

日常音楽好きな人にとって、「年に一度、皆で音楽を楽しむ日は今日です」と言われても、と思ってたわけですが・・・・そうではなかったです。

 

母の日にしろ、敬老の日にしろ、「日常の感謝」を「ある特定の日」に象徴するのはとっても大切。全体としての連帯感が違います。連帯感です、きっと。日常、個人の世界に浸りがちな僕らにとって特に大切だと。

 

駒沢オリンピック公園は2日間、久々に顔を見せてくれた太陽のエネルギーと弱すぎもなく強すぎもないちょうどいい風に恵まれ、公園にいるすべての命に自然 な心を戻してくれます。ステージ上も楽器やマイクの機械に囲まれることもなく「声だけで音を楽しむ世界」を演出。お笑い芸人の司会ぶりもTVで普段お見受 けするよりもナチュラルな運び。軽快で、あっと云う間の2時間でした。夢のコラボ企画も面白かったですが、一人口パクDJスクラッチコンテストにまいった。皆、凄いレベル。

 

今年もMUSIC DAYは全体の会場で使用する電力のうち、20,000kwh分 を「グリーン電力証書」でまかないました。写真にあるように会場に集まったお客様からも自由意志での10円募金する形。昨年と同様です。コンサートの場 合、いろいろありますが、平均するとグリーン電力分の負担はだいたいお客さん一人当り約10円くらいになっているという計算のもと、一口10円を各会場内 の募金箱に入れてもらう形です。

 

通常、グリーン電力をイベントに使用した場合、主催者が経費負担することが多いですが、MUSIC DAYは違います。こここそ、連帯感。お客も自らの意思でグリーン電力を使うぞ!!という事。このお祭りに自らの志をとして10円寄付で参加するわけですね。・・素晴らしい。

 

ROCK音楽がLOVE&PEACEを訴え続けて半世紀たった今、人権問題、環境問題含め、僕らが自然体で社会を形成することがあまりにも難しくなっている時代。だからこそ、年に一度でもいいから、自分の殻をはがして、音楽で他人と連帯するのは、とてもいい事だと思います。

 

いろいろと感じさせられたMUSIC DAYの2日間でした。(EOL藤井KAZZ)

0 コメント

MUSIC DAY 2010~MUSIC GO! Green

1998年から毎年5月4日にMUSIC DAYという音楽イベントを全国で行なっています。
MUSIC DAYはフランスを中心に30年以上も前から行われている毎年夏至の日に朝から晩まであらゆる音楽に包まれる盛大な音楽のお祭りをその由来としています。私たちのMUSIC DAYは13年目を迎えました。コンサートホール、ライブハウスから公園まで様々な会場で特別な音楽のお祭りを目指して今年も40以上の企画が組まれています。

この会場で使われる電力はグリーン電力(20,000kWh)によってまかなわれます。

 

*詳しくはこちらをどうぞ

MUSIC DAY 2010 MUSIC GO! GREEN

 

0 コメント

MUSIC DAY 2010 SUPER LIVE ~緑と環境のコンサート~ ハモネプPARK - 駒沢オリンピック公園中央広場

■2010年5月4日/5日 ※雨天中止 

■出演アーティスト   
RAG FAIR/INSPi/腹筋学園/きゅーぶ!!
姉と僕/だいち/おてん/どんぐり/A-Z
センメ(5月4日のみ出演)/ピノ☆(5月5日のみ出演)

■開場・開演   
● 4日 開場/13:00 開演/14:00
● 5日 開場/12:00 開演/13:00

■コンサート協力費
(観覧エリア内全自由)    税込3800円 ※3歳以上チケットが必要。
チケット代金はコンサート協力金とさせて頂きます。
チケット購入者には整理番号による入場優先あり。

■チケット購入先    ぴあ(Pコード:104-789)/ローソン(Lコード:79657)
イープラス(一般発売日:4月18日)

■問い合わせ    ディスクガレージ  03-5436-9600(平日12:00-19:00)
website:http://musicdayjapan.jp/

0 コメント

「HARCO & Quinka,with a Yawn presents きこえる・シンポジウム 2009 冬 」 2009/12/19(土)@札幌、2009/12/24(木)@代官山で、グリーン電力が使用されます!

今回のイベントは風力発電所で発電されたグリーン電力を 100%使用しています。NPO法人北海道グリーンファンド、エナジーグリーン株式会社の協力により、北海道石狩平野に立つ日本で 4番目の市民風車「かぜるちゃん」のグリーン電力を使用しています。
*イベント会場で使用しているグリーン電力は1000kWhです。

■2009/12/19(土)
HARCO & Quinka,with a Yawn presents きこえる・シンポジウム 2009 冬 in 札幌

@札幌cholon
札幌市中央区南1条西12丁目ASビル1階(電車通り沿い、南向き)


LIVE:HARQUA、HARCO、Quinka,with a Yawn
TALK GUEST:小林ユミ(北海道グリーンファンド)
SHOP:2Fギャラリースペースにて(11:00〜19:00)。
チムチム食堂 (FOOD)
miel (SWEETS)
Re-works(DRINK)
北海道グリーンファンド(NPO法人) and more...

■2009/12/24(木)
HARCO & Quinka,with a Yawn presents きこえる・シンポジウム 2009 冬 in 東京

@代官山cholon
東京都渋谷区恵比寿西1-31-12 FLEG代官山1F


LIVE:HARQUA、HARCO、Quinka,with a Yawn
TALK GUEST:
作家 廣瀬裕子
エディター 山村光春(BOOKLUCK)
SHOP:
Sunday Bake Shop(焼き菓子)
おひさまスタイルSHOP(ブログマガジン"おひさまスタイル"セレクションの雑貨など)


<両会場ともに>

OPEN 18:30 / START 19:00 
前売り3,000円 / 当日 3,500円(1ドリンク込)
※東京のみ「マイカップ」持参の方にドリンク代100円をキャッシュバックいたします。札幌では行いませんのでご注意ください。

チケット販売:
11/1(日)よりcholonにてメール&電話予約(11:00-19:00)受付。
TEL: 011-210-0787(札幌) 03-5456-4465(代官山)  
メール:cholonホームページ内お申し込みフォームから。

※入場順はご予約時の整理番号順になります。

0 コメント

SPACE SHOWER「SWEET LOVE SHOWER 2009」で約40,000kw/hのグリーン電力が使用されます!

SWEET LOVE SHOWERは、スペースシャワーTVが主催する最大の野外ライブイベントで今年で14回目を迎え、山中湖に会場を移してからは3度目の開催となります。 今年はライブに39,500kWh(キロワットアワー)のそらべあグリーン電力が使用されます。

0 コメント

坂本龍一さんのピアノ・ソロ・ツアー「Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009」全24公演でグリーン電力が使われました!

今年、4年ぶりのピアノ・ソロ・ツアー「Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009」を行った坂本龍一さん。
エコロジーオンラインの巻頭インタビューの中で、グリーン電力普及について語っています

0 コメント