ずっと音楽が楽しめる地球をまもりたい!

 

風、太陽、地熱、小水力、森林などから生まれる自然の力を活用して

ライブで使うエネルギーをグリーンにしていくことからはじめたい。


Partner



音楽フェス、環境イベント、被災地にソーラーパワートラックを派遣します!

この秋、エコロジーオンラインの活動から生まれた里山エネルギー株式会社がソーラーパワートラックのマネージメント事業に乗り出します。

 

これまでより

もっと多くの音楽フェスに

もっと多くの環境イベントに

もっと多くの被災地支援に

もっと多くのグリーンパワーとの出会いに

ソーラーパワートラックを活用してまいります。

 

ご興味がある方は里山エネルギーまでどうぞ!

 

0 コメント

Music Go! green メディア出演情報

9月30日、「MUSIC GO! GREEN 風の国から」の発売にあわせて、ご紹介いただけるメディアが増えてきました。

 

情報にあわせて順次アップしていきます。

 

●10/2 6:00~TBSラジオ

「笹川友里 プレシャスサンデー」

●10/3 15:20~ JFN系

「DAY BY DAY」*ゲスト

●10/12 14:00~ FMヨコハマ

「E-ne! ~good for you~ エシコン」*ゲスト

0 コメント

エコロジーオンラインが企画・監修した音楽CD『Music go! green 風の国から』 2016.09.30 RELEASE!

〝風〟が誘う、

環境活動と音楽との出逢い。 

 

国内初!環境活動と連動した本格的コンピレーションCD

 

『Music go! green 風の国から』

 

2016.09.30 RELEASE

ソニー・ミュージックダイレクトとエコロジーオンラインが風力発電支援で協働!

エコロジーと音楽をつなぐプロジェクト“Music go! green”企画・監修の第1弾。本作は、今秋石川県珠洲市で開催の「第19回全国風サミット in 珠洲」を記念し、風力発電の啓発と支援を目的として企画・制作された。『風』をテーマにした楽曲(タイトルや歌詞に『風』がつけられた楽曲含む)を2枚のCDに収録。日本のミュージックシーンを支えるアーティストたちによる珠玉の名曲選であり、国内初の環境活動と連動した本格的なコンピレーションCDと言える。なお、本作のマスタリングを実施したソニー・ミュージックスタジオは、グリーン電力を活用(参照:2016年度は「能代風力発電」からの電力を使用)している。

 

 

■CD2枚組、全30曲収録

■販売経路:Sony Music Shop(SME運営のオンラインショップ)限定

     (エコロジーオンラインでも一部販売します)

■価格:¥3,780(税込み)

■品番:DQCL 3286-7

■発売元:ソニー・ミュージックダイレクト

★ソニー・ミュージックダイレクト運営【OTONANO】サイト 商品特設ページ

 現在制作中

 

<お問い合わせ>

ソニー・ミュージックダイレクト 制作1部(担当:福田良昭)

TEL:03-3515-5346  FAX:03-3515-5114

続きを読む 0 コメント

“純国産&超軽量の太陽光発電シート” MAKIMONOのMusic Go! greenバージョンができました!

薄膜フレキシブル太陽電池を活用し、巻物のようにクルクルと巻ける超軽量の太陽光発電シート「ウェーブソーラープラス 'MAKIMONO'」。岡山県倉敷産ジーンズでバッグを仕上げ、太陽光発電グッズとしては珍しい“純国産”の商品として企画されました。

 

エコロジーオンライングループの里山エネルギー株式会社と日本植生株式会社がコーディネートを担当。国産アモルファスシリコンをコアテック株式会社が加工しています。

 

今回、「WORLD HAPPINESS 2016」と協働した限定生産モデルの販売が好評のうちに終了し、新モデルとしてエコロジーオンラインが立ち上げた“エコと音楽をつなぐ”プロジェクト「Music Go! green」バージョンが誕生することになりました。

 

「Music Go! green」では、風力発電を音楽で応援するコンピCDの発売や、グリーン電力でイベントができるソーラーパワートラックを全国に派遣するプロジェクトなど、様々な企画を予定しています。この商品が多くの人の手に届き、地球温暖化防止のメッセージの発信や、防災・減災用にご活用いただけるよう取り組んでまいります。

 

これからもエコロジーオンライン及び、里山エネルギー株式会社をよろしくお願いいたします。

 

「ウェーブソーラープラス 'MAKIMONO'」のご購入はこちらからどうぞ!

 

<関連リンク>

【リリース】“純国産&超軽量の太陽光発電シート” ウェーブソーラープラス 'MAKIMONO'発売!

続きを読む 0 コメント

一青窈さん出演!「風の音楽祭」をエコロジーオンラインが企画サポート。

10月27日~28日にラポルトすずにて開催される「第19回全国風サミット in 珠洲」。その関連イベント「風の音楽祭」(29日開催)の音楽企画をエコロジーオンラインが担当しています。

 

 

「全国風サミット」は、環境保全や地球温暖化問題、そしてエネルギー需要の増大と資源の枯渇問題に対応するため、再生可能なクリーンエネルギーの普及・啓発を目的に風力発電を立地する全国の自治体で開催されています。

「風の音楽祭」に出演するのは一青窈さん。ヒット曲「かざぐるま」は、風力発電の設置に汗を流す全国のエコの仲間たちが愛する曲としても知られています。

 

このイベントに合わせ、エコロジーオンラインが協力して、風を歌った曲を集めたベストCDも企画しています。詳しくはまた追ってご報告いたします。

 

<参照リンク>

 

珠洲市役所

一青窈オフィシャルサイト

 

 

 

文 / Music Go! green事務局

0 コメント

【Green Power for くまもと】WORLD HAPPINESS 2016と協働! 福島・熊本復興支援ブースを出しました。

8月28日、東京:夢の島公園陸上競技場で行われたロックフェス「WORLD HAPPINESS 2016」で、福島・熊本復興支援ブースの担当をしました。

 

このブースは、6月14日から20日にわたって当法人が実施した【Green Power for くまもと】の活動にご協力いただいた同イベントから、熊本で行った「にほんのうた熊本キャラバン」の報告と、福島、熊本の復興を支援する物販ブースを担当しませんかと声をかけられたところからスタートしました。

 

 

当日は、このプロジェクトを手がけた福島、関東、関西の仲間が集まり、「にほんのうた熊本キャラバン」で寄贈した自然エネルギー機器の展示・販売や、八代亜紀さんの復興ライブの舞台となったソーラーパワートラックの模型を展示。熊本からは行き場を失った野菜も届けられ、益城町の子どもたちの給食費に寄付される益城町復興ソーダとサイダーを送ってもらって販売しました。福島からは桃のジュースなどを送ってもらい、フェス参加者のみなさんののどを潤しました。

 

自然エネルギー系で言えば、今回の目玉は2つ。

 

忍者が持っていた巻物のようにクルクルまける太陽光発電シートで、開くと一反木綿のような形状になってスマホを充電できるウェーブソーラープラス MAKIMONOという商品の販売と、福島産新電力のご紹介です。

 

4月から電力が自由化され、自分の好きな電力を選べるようになりましたが、なかなか選びたくなるような物語をもった新電力が出てこない。そこで私たちが中心になって福島の地で地産地消をベースにがんばっている須賀川瓦斯という会社に関東での供給をお願いし、WORLD HAPPINES 2016の場から福島のための電力のスイッチを呼びかけました。

 

都会で実施されるロックフェスとして、大人も子どもハッピーに楽しむ環境なかで、熊本や福島支援につながるブースを出せたことは、とても感動的な体験になりました。集まった義援金の使い道については、またあらためてご報告いたします。

 

文 / Music Go! green事務局

0 コメント

かの香織さんのエコピープルインタビューをアップしました。

音楽家でもあり、また宮城県栗原市の造り酒屋「はさまや酒造店」12代目でもあるかの香織さんが、今年3月に一般財団法人オーバーザレインボウ基金を設立した。

 

終末期医療の患者さんに最後に聞きたい曲を届けに行こうという「ワンソングプロジェクト」に取り組む予定だ。

 

 

この活動には、これまでの音楽家としての活動や東日本大震災後の子ども支援の取り組み、酒造りの勉強と経験の中で生まれた、さまざまな縁・繋がりや思いが込められている。

 

エコロジーオンラインにかの香織さんのインタビューアップしました。

 

人生の最後の時に、大好きな歌を届ける

0 コメント